2017年03月06日

大和市 引戸交換

何度か工事をさせて頂いているK様から、引戸の交換をご依頼頂きました。

K様からは、今までに、
・建具の調整
・エアコンの交換(2箇所)
・キッチン照明の交換
そして、今回の建具の交換と 何度もお世話になっております。

↓写真右側の引戸です。
P2033718.jpg

思えば、私が初めてK様とお会いしたのは、2〜3年前にこの引戸の不具合でお電話があった時でした。
その時は戸車の調整で済んだのですが、先日、
『佐藤さん、あの引戸いよいよ駄目だよ。交換してもらえるかな』とご連絡がありました。

お伺いして確認させて頂きましたが、戸車とレールもかなり傷が付いていましたので、
『K様、確かに駄目そうですね、引戸ごと交換しましょうか。』
と、今回の交換工事が決まりました。

工事手順は、大まかですが、
@既存枠の解体撤去、引き込み側の壁の解体、戸の撤去
A新規枠・引き込み側壁の下地づくり
B新規枠・戸の取付
C仕上げ作業(引き込み側壁のクロス張り、見切り材の取付)
と、開き戸の交換に比べると、作業(工程・面積ともに)が増えます。

↓新規枠・戸を取り付けたところです。
P3044011.jpg

↓壁クロスを張って、見切り材を取り付けて作業完了です。
P3084018.jpg

今回の作業日数は、2日半でした。
見切り材の寸法が規制品では合わなかったので、加工場で加工した分、少し時間がかかりました。
工事費は、15万円〜25万円でした。

*新しい引き戸は、『シングルソフトモーション』と言いまして、
戸を閉める時に途中でブレーキがかかって、後はゆっくりと自動的に閉まってくれます。
閉め忘れの防止や、指を挟みにくくするといったメリットがあります。

K様宅には小さなお孫様がよく遊びに来られるので、戸が開けにくい状態の時は
『おじいちゃん、開けて〜』とその度に呼ばれて、大変だったようです。

今回の工事で、小さなお孫様でも楽に開け閉めできるようになったかと思います。

K様。ご依頼いただきまして、誠に有難うございました。
posted by リフォームのセキモリ 佐藤 at 16:14| 修繕・交換工事 | 更新情報をチェックする